3社程度査定に出しましょう

最近は不動産の査定を複数の会社にお願いするのが当たり前となっています。

 

というのも、今や不動産査定もインターネット時代。一括査定サイトを利用すれば簡単に複数社に査定をお願いすることが可能なのです。

 

少し前は1社1社に電話などで内容を伝えたり、時には対面したりが必要でしたが、今や必要な情報を入力すれば簡単に査定スタートです。

 

ただ、そこまで多くの会社に頼む必要はありません。

 

基本的に不動産の査定は会社による大きな差が生じないと言われているので、3社程度の査定で大丈夫でしょう。1社の場合、比較が出来ないため査定価格が安すぎても気が付かなかったりなどの損を被る可能性がありますが、3社程度に査定してもらえばそのような心配もないでしょう。

 

既にインターネットの一括査定が当たり前になっていて、査定価格であくどいことをすればすぐにバレてしまう状況なので、そもそも適正価格から離れた価格を提示する会社自体が少ないかもしれませんが念には念を入れておきましょう。

 

インターネットで机上価格査定を出してもらったら、次は訪問査定。それなりに時間のかかる査定なので複数社は骨が折れるかもしれませんが、詳細な価格を比較できるよう2社か3社にお願いするようにしてください。

 

ネットで検索をかければ分かるように、今や不動産会社は非常に数多く存在します。

 

そんな中から査定をお願いする3社を選ぶときには不動産会社の規模、査定してもらう不動産のエリアに強いか、不動産の売却方法に特徴はあるかなどを考慮してみてください。

 

こうすることで多少は不動産会社が選びやすくなると思います。他にも各社の特徴があったりするので公式ホームページや各種サイトを参考にしてみましょう。

 

不動産に限らず、車などの売却も複数社に依頼するのが当たり前の時代。複数社に査定を依頼することに対して負い目を感じる必要はありません。

 

少しでも損をせずに売却をしたいと考えるのなら必ず複数社で査定するようにしましょう。